失敗しない、後悔しない、彼女が喜ぶ婚約指輪を選ぶコツ。

知っておきたい婚約指輪の基礎知識

そろそろ彼女とゴールインを考えているあなた、そしてすでに婚約中のあなた、人生で一番幸せなこの時期を素敵な婚約指輪で演出してみませんか。ここでは彼女が絶対に喜んでくれる婚約指輪を選ぶコツをご紹介しましょう。
世間一般の人はどのような指輪を選んでいるのでしょう?婚約指輪の平均購入金額は約33万円ほどといわれます。指輪の材質もゴールド、ホワイトゴールド、プラチナなどがあり、石の種類やデザインも千差万別です。これといった決まりごとはありませんが、9割以上の人がダイヤモンドの指輪を選んでいるそう。オーダーの仕方も、お店に行って既製品を選ぶケース、石・材質やデザインをある程度決まったパターンから選ぶセミオーダー、プロに一から自分の希望を伝えてデザインしてもらうフルオーダーと様々です。
こだわって探したいなら、準備期間も長くかかりますし、お値段も上がってきます。あらかじめ自分がどのような指輪を贈りたいのか、予算はどのくらいなのか、ざっくりと方針を決めてから探すと自分の納得のいくものが早く見つかるかもしれません。

ダイアモンドの4Cとは?

ダイヤモンドの婚約指輪は女性の永遠のあこがれ。なんといっても不動の人気を誇ります。一粒の大きなダイヤが輝く指輪もよし、沢山の小粒のダイヤがきらめくパヴェリングも素敵です。
ダイヤの質、価値を測るのには、4Cと呼ばれる基準があるのをご存知ですか?4つのCとは、Cut(カット),Color(色)、Clarity(透明度),Carat(カラット)を表しています。Cutはダイヤ表面の研磨と形のバランスを評価する基準です。グレードはExcellentからPoorまで5段階あります。Colorは無色透明のDから薄い黄色のZまでグレードがあります。Clarityは不純物や傷の有無を見る基準です。FLからIといったグレードに分けられています。Caratはダイヤの重さを表し、1カラットは0.2gに相当します。
どうですか?婚約指輪選びも奥が深いですね。普段から彼女の趣味趣向を把握してピッタリあった指輪を準備する事が一番大切なエッセンス。そんな指輪をプレゼントされたら、彼女も感激してくれる事間違いなしです!

プロポーズは結婚を申し込むことを指していて、男性から女性に申し込む場合もあれば、逆もあり、緊張する瞬間です。